秘密を守りつつセフレを作るなら出会い系サイトが一番

セフレを作りたくても、知り合いにバレるのも心配ですね。
エロい友達ならばセフレができても羨ましがるだけかもしれませんが、会社や学校の女友達に知られると冷ややかな目で見られることも。
それどころか女子グループに嫌われる可能性もあり、仕事などに支障が出る可能性もあります。
そのため知り合いなどからセフレ関係に発展する方法は、手軽なようでいて危険も多いからおすすめ出来ません。
一緒にお酒を飲みに行き、酔った勢いでイイ感じでエッチをしてしまったとしても、肉体関係だけを続けていくのは危険だから一度で終わりにしておくこと。
周囲にバレないように秘密のままセフレを作るなら、信頼できる大手出会い系サイトを利用するのが一番です。

手軽だが危険!知り合いはセフレ関係に向いていない

セックスが好きだったりオープンな考えの知り合いであれば、セフレができても特に人間関係に問題は起こらないものですが、世の中には恋人や特定のパートナーとだけセックスはするべきだと考えている人たちもいます。
そのため知り合いにセフレがいることはもちろん、探していることでさえバレると人間性を疑われてしまうため、セフレ相手を募集するなら秘密を守れる方法が大事です。

お酒を飲んで酔った勢いを使ってエッチまで行くことは出来ても、そのまま肉体関係を継続していくのは危険。
一度だけならばお互いに大人として秘密のままにできても、関係が続くと女性側が友達に相談する可能性が高まります。
相談された相手はどんどんと噂を広めていくため、会社や学校で最低の男という評判になるから知り合いとセフレになるのはやめておくこと。

女性も秘密にしたいからセフレ探しは出会い系サイトが一番

様々な出会いを探すための出会い系サイトであれば、実名を使うこと無く匿名で女性と仲良くなれるからセフレ探しにピッタリです。
不特定多数の利用者がいる出会い系サイトでは、低いながらも知り合いが利用していることもありますが、ニックネームで利用できるから安心してセフレ探しに集中できます。
女性にも欲求不満でエッチの相手を探している利用者は多く、特に20代後半から30代前半は仕事重視で男女関係は割り切ったセフレが良いという考えだから上手くいきやすいのがポイント。

出会い系サイトのJメールであれば、年齢確認もしっかりしているから、女子高生など未成年が神待ちで利用している可能性が低く、仕事重視の大人同士で割り切った関係になれるから便利です。
女性側もセフレ探しは秘密にしておきたいため、大手出会い系サイトを利用して相手を探すケースがとても多く、Jメールは充実したサポート体制などから女性会員が多いのでセフレが見つけやすいのもポイント。
知り合いの女性は手軽なセフレ相手に見えますが、後々まで考えると出会い系サイトで30歳前後の女性を誘うのが秘密を守りやすいからおすすめの方法です。

関連記事

セフレを安全に作るなら出会いは繁華街より出会い系サイト

やれる相手が見つかる出会い系サイト選びのポイントはコレ

セフレは定額制出会い系サイトを使えば想像以上に簡単に見つかる

セックスを楽しむなら援助交際よりもセフレを作る方が安全

風俗嬢とセフレになるには出会い系サイト経由がおすすめ

セフレは複数いた方が便利なので一人だけで満足しないこと